RedRockCanyon

2009年12月2日


真っ赤な岩のクラックルート。素晴しい★★★★ルートでした。
心に残る一本でした。

 日照時間が短いので、暗いうちから壁に向かって歩き出します。
それでも下山は真っ暗闇。ヘッドランプ点けてラペリング(懸垂下降)していると、
地上で我々を見上げている獣たちの二つの目だけが気味悪く光っている。
中にはコヨーテらしき群れもいるし、、、ナイフとぼっこを用意して、
ガイドブックに書いてあるとうりNightmare(悪夢)の下山となってしまいました、、

 今回のパートナーの小林チムニー亘ガイド。
今回の旅でミドルネーム(チムニー)を勝手に付けてしまいました。
豊富な経験と機知とユーモアにあふれた兄貴です。
お世話になりまして、有難うございました。楽しかったです。

 前半のお客さんともいった、メキシカン料理のお店にて、、、
料理も雰囲気も抜群でした。
今回は自炊も含めて、メキシカン料理が大活躍。

 
 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Calendar

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archives

  • Categories

  • Recent post

  • Recent Comments

  • Metainformation