ジュネーブより

2012年4月22日


少しばかり、語りを、、、
昨年の12月に高校の選手時代から患っていて、状態が年々悪化し、
仕事にも支障が出てきた椎間板ヘルニアの手術をしました。
ガイドにとっては、プロ野球の投手が肘の手術をするような決断だと思います。
不安はとても多くありましたが、選択の余地は無く、結論はすぐにでました。
私の人生、こういう状況になった時、必ず何かの出会いに助けられてきたのは確かです。
今回は、札幌中央病院の整形外科・山田恵二郎先生でした。
先生は、学生時代に山に登られていたので、私に興味を示してくれたのは確かでしたが、
なによりも先生の言動にプロを感じました。
先生・看護師・病院スタッフ・家族の看病おかげで、経過も良好で、今回の渡欧も実現・無事に終了しました。
皆さんに感謝です。有難うございました。
そして今回一緒にトレーニングに励んだ、ガイド仲間に心から感謝します。
北海道、そして日本のレジェンドガイド、宮下講師。素晴らしい滑り&飲みっぷりでした。
なんでも知っている博士、直前にひき逃げにあったにもかかわらず、常に上を向いて歩く黒田ガイド
数多い白馬のスキーガイドの中でも、その存在の大きさと人間味のある滝本ガイド
八ヶ岳といったら、このガイドを知らない人はいない!いつもチームの和を大切にする久野&加藤ガイド
ENSAのテクニカルディレクター Professor Alexi&Jeff
お世話になり、誠に有難うございました。
明日の午前便で帰国します。
家族で日本食が食べたい、、
そして、皆さんと山に行って、ガイドがしたい、、、
ってのが、本音です。
ではでは、ジュネーブより、、、

 
 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Calendar

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archives

  • Categories

  • Recent post

  • Recent Comments

  • Metainformation