ジャンダルム

2012年10月8日


スタートは新穂高ロープウエイの故障による突然の運休。
初めて下から西穂山荘に登って行きました。約3時間。その甲斐合って、縦走日の天気はバッチリ。

岩登りをほとんどされないお客様でしたが、テクニカルなセクションもそつなくこなしました。
登って、下って、また登る。高度の影響もあって、辛い登りもありましたが、

予定通りの行程で奥穂高岳へ登頂。充実したいい顔でしょう。

翌朝、穂高岳山荘周辺は真っ白に雪化粧。天気も回復してきたので、とても綺麗な景色でした。
でも他のお客さんは、上にも下にもいけずに雪が解けるのを待っていたので、
我ら北海道チームは、渋滞になる前に早々に下山。

そんな我々を待っていたのは、今季最高といわれる涸沢の紅葉。もちろん人の多さも最高潮。
思い出深い楽しいツアーレポートでした。

 
 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Calendar

    2021年4月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archives

  • Categories

  • Recent post

  • Recent Comments

  • Metainformation